【世界樹の迷宮3】深王、オランピア戦攻略法 - 情報
AMGブログ

【世界樹の迷宮3】深王、オランピア戦攻略法

2013/02/27 編集
情報
DS 世界樹の迷宮 ゲーム




ついに海都編のラスボス、不死たる機械の王とオランピアを倒し、晴れてエンディングを迎えました。
果たしてこの選択が正しかったのかどうかは誰にもわかりません。

さて、足掛け何十時間プレイしたかわかりませんが、ずっと倒せなかったこの2人を
ようやく倒すことができたので、攻略法をここに記します。
参考になるかどうかわかりませんが、これから挑む冒険者の方々の参考にしていただければ。


もちろん君達はこの攻略法を読んでもいいし、読まなくてもいい。

スポンサーリンク



不死たる機械の王、オランピア攻略法


■自パーティー構成(クリア時)
・ウォリアー(SUBバリスタ LV48)
 カタクラフト、クロースアーマー、万雷の護符、スタンガード

・バリスタ(SUBウォリアー LV69)
 ドレッドノート、ザビィの海賊服、万雷の護符、スタンガード

・モンク(SUBビーストキング LV47)
 素手、クロースアーマー、万雷の護符、スタンガード

・ゾディアック(SUBパイレーツ LV55)
 サンダーカノン、グレートコート、万雷の護符、スタンガード

・ファーマー(SUBビーストキング LV56)
 蝶の短刀、クロースアーマー、万雷の護符、スタンガード


不死たる機械の王とオランピアはそれぞれ、腕封じやスタン攻撃を多くしてくるので
スタンガードを装備しておけば、オランピアのスタン攻撃はほぼ防げる。
万雷の護符はオランピアと共同で仕掛けてくる「渦雷」封じ。耐雷ミストがあれば完璧。


ウォリアーの最終スキルと活用法


「アームブレイカー」「チャージ」「ナインスマッシュ」を優先的に装備。
アームブレイカーで王の腕を封じてしまえば、めちゃくちゃラクに戦える。
王の攻撃、「ブランディッシュ」は腕封じをしてくるワザなので、
腕さえ封じてしまえば恐れる相手ではない。

オランピアで怖いのはスタン攻撃だけなので、スタンガードで防御しつつ、
折を見て王にアームブレイカー。そしてチャージをしてナインスマッシュで連続攻撃。
サブスキルにバリスタを当てて、「正射必中」をマスター状態にし、ナインスマッシュの命中率を
最大まで上げた。


バリスタの最終スキルと活用法


一番使ったのは「前衛迫撃砲術」。穹マスタリーを最大まで上げて、
ダブルアクションのスキルもつけ、2回攻撃ができるだけ発動するようにし、ジャイアントキルもつけた。
迫撃砲術はTPをかなり消費するので、アムリタ2を大量に持っていった。
バリスタはとにかく前衛において攻撃に専念させた。


モンクの最終スキルと活用法


前任者が早目に引退し、後釜で来たので育成が遅くなり、思うように育てられなかったが、
回復薬に専念。パーティーヒールリフレッシュバインドリカバリは必須。
もし王の攻撃で前衛が腕を封じられてしまえば最悪の事態となるため。

あと、戦闘不能回復のため、リザレクトも装備しておくとよい。
ビーストキングのスキルは「大鳥招来」「ドラミング」だけつけておいた。
なんらかの拍子にオランピアの頭を封じることができれば御の字。
また、余裕のあるときにドラミングで防御力を下げる役割も果たしてくれた。


ゾディアックの最終スキルと活用法


エーテルマスター、特異点定理、リターンエーテル最大。エーテル圧縮必須。
基本的にどの術を上げてもいいが、個人的に冒険内で一番使ったのが炎なので
優先的に上げておいた。

必ず「エーテル圧縮」→「炎の星術」で攻撃し、大ダメージを与えるようにした。
雷スキルは耐雷ミストを使ってしまうと、こちらの威力も落ちるので
ボスがどの属性の攻撃をしてくるかは重要。被らない属性で攻撃した。


ファーマーの最終スキルと活用法


基本スキルは探索メインなので省略。「弱り目に祟り目」はLV2まで上げておいた。
むしろビーストキングのスキルがメインだった。
「獣王マスタリー」を最大まで上げ、「大蛇招来」をメインに使った。
もちろん、王の腕封じである。ウォリアーのアームブレイカーと同ターンに使うことで
腕封じの確率が飛躍的に高まった。とにかく、この戦いで気にするのは王の腕封じと
雷攻撃のみである。


最後に


今回の戦いは、かなりの作戦ミスを立て直すことになりました。
最初から計画的に育てておらず、途中で休養させてスキルポイントを振り直し、
バツの悪いことに、LV50ぐらいで引退させたキャラが4人ほどおり、
今作から実装された「引退による恩恵がほとんどない」ことものちにわかり、焦りました。
前作までとは違い、今作からは引退させてもほとんどボーナスによる恩恵がないのです。
「引退させまくって新人を何度も育てなおせばいいや」という考えは甘かったです。

クリアしてから攻略サイトなどを見ると、

「引退による利点はやり込み用のみであり、基本はひとりを最後まで育て上げたほうがいい」


という記述にはガックリきました。

とはいえ、世界樹の迷宮の高難易度は今作も健在でした。
王とオランピアによる無慈悲な攻撃の数々。途中で何度も投げようと思って、そのたびに立ち上がり、
レベルを上げ直して挑むこと数十回。勝利の味は何物にも代えがたいものでした。
やっぱ世界樹のラスボスはとんでもなく強かった!だけど、倒したときの感動といったらなかったです。
最近のRPGでラスボスを倒してここまで感動したのは久しぶりでした。

最高に難しくて、最高に歯ごたえがありました!


クリア後は・・?


はい。お楽しみが待ってました。あとはご自分で確かめてください・・。


世界樹の迷宮III 星海の来訪者(特典なし)
世界樹の迷宮III 星海の来訪者(特典なし)
スポンサーサイト