Windows10への無償アップグレード開始日は2015年7月29日。Win7、8.1ユーザーは1年間、無償でのアップグレードが可能 - PC
AMGブログ

Windows10への無償アップグレード開始日は2015年7月29日。Win7、8.1ユーザーは1年間、無償でのアップグレードが可能

2015/06/06 編集
PC
PC Windows10
WIN10.pngWindowsの最終OSとされる『Windows10』の無償アップグレード開始日


2015年7月29日に決定しました。



スポンサーリンク



Windows10の無料アップグレード提供開始は7月29日 (週アスPLUS) - Yahoo!ニュース


アップグレード予約方法


お使いのパソコンのタスクバーにある「田」ボタンをクリックします。

WIN10タスクバー



すると、「無料アップグレードの手順」画面が表示されるので、ご自分のメールアドレスを入れればOKです。

WIN10 2



あとは7月29日になったらアップグレードのお知らせが来るので、Windows10にするだけです。

僕はもう予約しましたが、果たしてこのOSがWindowsの最後のOSとなるのでしょうか。Microsoftは10以降、OSを発売せず、アップデートを行うことで対応していくという話をしています。

Microsoftで開発部門に属するジェリー・ニクソン氏は、アメリカ・シカゴで開催されたMicrosoft Igniteというイベントの中で、Windows 10がデスクトップソフトウェアの「最後のバージョンになる」と発言しています。

さらに、Microsoftも「Windowsは新しいイノベーションとアップデートを継続して提供していく」と声明を出しており、今後は独立した新しいバージョンを提供していくのではなく、既にリリースされているWindowsを数ヶ月ごとあるいは1年ごとに「大幅アップデート」していくことになるとコメント。

この「大幅アップデート」こそが、噂されている「Redstone」であるとNeowinは報じています。


「Windows 10がWindowsの最後のバージョンになる」とMicrosoftが明言 - GIGAZINE


もうパソコンを買いかえるごとにOSが変わるのはやめてほしいですけどねえ。使い慣れたOSが一番ですし、OSが変わるたびにこれまでインストールしたプログラムが動かなくなるということを、僕はこれまで何度も経験してきました。

ですから、これが最後のWindowsになるならそのほうがいいです。

OSを新しくすることの注意


OSはパソコンの中核をなすものです。これを取りかえるということは、これまで使っていたパソコンのプログラムが対応しなくなる可能性があります。

ただ、今回、アップグレードの予約をしても、すぐにインストールしなければならないというわけではありません。Windows7、8.1ユーザーの方は、1年間のアップグレード猶予期間がありますから、様子を見てからインストールすることもできます。

僕はすぐ乗りかえようかなあとは思っているんですが、まあ予約だけはしたので、あとはアップグレードをいつにするかだけですね。今回は無料アップグレードなので、ソフトウェア側の対応なども早いと見ていますが、あくまで個人のタイミングでインストールは行ってください。

関連リンク


Windows10の無料アップグレード提供開始は7月29日 (週アスPLUS) - Yahoo!ニュース
「Windows 10がWindowsの最後のバージョンになる」とMicrosoftが明言 - GIGAZINE
Enterprise IT Kaleidoscope:Windows 10は最後のメジャーアップグレードになる? (1/2) - ITmedia エンタープライズ
今後はどうなるの?Windowsは10で最後のバージョンになるらしい… - NAVER まとめ
スポンサーサイト




スポンサーリンク