【新日本プロレス】2017年1月4日東京ドームの全対戦カード決定!! - 新日本
AMGブログ

【新日本プロレス】2017年1月4日東京ドームの全対戦カード決定!!

2016/12/12 編集
新日本
プロレス 新日本プロレス




NJPW.gifとうとう2017年1月4日の東京ドーム、全対戦カードが決定しました!

第1試合はタイガーマスクWと、タイガー・ザ・ダークがシングルマッチで激突!さらに柴田vs後藤のNEVER王座戦も決定!インターコンチはセミになりました。ファン投票は行わないと棚橋が明言したことで、この試合はセミファイナルで行われることに。

さらに、バレットクラブの新メンバー、「"アメリカン・ナイトメア"コーディ」はジュース・ロビンソンとシングルマッチなど、大注目の闘いが盛りだくさん!


追記には全対戦カードと、かんたんな感想を書きます。

スポンサーリンク



第0試合 1分時間差バトルロイヤル・ニュージャパンランボー

【管理人からの一言感想】
今年もやってきたニュージャパンランボー。毎年、サプライズで昔のレスラーが登場してくるこのランブル戦。果たして来年は誰が出て来る!?



第1試合 テレビアニメ「タイガーマスクW」スペシャルマッチ シングルマッチ
タイガーマスクW vs タイガー・ザ・ダーク

【管理人からの一言感想】
タイガーWがダークと早くも激突!アニメでは早々に激突しそうな勢いだが、ダークの中身が誰になるのかが楽しみ。



第2試合 IWGP Jr.タッグ選手権試合
ヤングバックス vs 六本木バイス

【管理人からの一言感想】
内容は保証済み。ヤングバックスと六本木バイスならドーム大会をめちゃくちゃ盛り上げてくれると思う。



第3試合 NEVER6人タッグ選手権試合 ガントレットマッチ
小島聡、リコシェ、デビッド・フィンレー vs 石井智宏、YOSHI-HASHI、ウィル・オスプレイ vs SANADA、イービル、BUSHI vs バッドラック・ファレ、高橋裕二郎、ハングマン・ペイジ

※試合開始は2チームで、決着が付くと次の1チームが出てくる試合形式。勝ち残り戦となる。

【管理人からの一言感想】
ガントレットマッチの名前は初めて聞いたので、こういう試合形式は楽しみ。勝ち残りとなると、後になればなるほどつらい闘いが待っているということか…。



第4試合 スペシャルシングルマッチ
ジュース・ロビンソン vs コーディ

【管理人からの一言感想】
ついに"アメリカン・ナイトメア"が日本上陸!コーディーはWWE時代、中堅どころだったが動きはとんでもなく良かった印象がある。必殺技が「クロスローズ」という、相手を裏DDTの要領で捕らえ、そのまま回転してガンスタンみたいに叩きつける技が印象的だった。期待していいと思う。



第5試合 ROH世界選手権試合
カイル・オライリー vs アダム・コール

【管理人からの一言感想】
オライリーは今年、柴田とのNEVER王座戦で株を上げたと思う。大和魂を持ったハートの強いレスラーだと思うので、ROH世界王座戦でも盛り上げてくれるに違いない。



第6試合 IWGPタッグ選手権試合
タマ・トンガ、タンガ・ロア vs 真壁刀義、本間朋晃

【管理人からの一言感想】
ワールドタッグリーグ優勝で勢いづくGBH。しかしタマ兄弟は今年、タッグチームとしてかなり成長した。もはやあのチームは急造ではなく、強力な名タッグチームになった。もはやタマ・トンガとタンガ・ロアは脅威。



第7試合 IWGP Jr.ヘビー級選手権試合
KUSHIDA vs 高橋ヒロム

【管理人からの一言感想】
ついに凱旋帰国した高橋ヒロムがKUSHIDAの持つジュニアのベルトに挑戦。「IWGPを巻いてゴールデンタイムで試合をする」ことが夢というヒロムがどのようなスタートを切るのか。必殺技の「TIME BOMB」がいつ炸裂するのか見ものである。



第8試合 NEVER無差別級王座戦
柴田勝頼 vs 後藤洋央紀

【管理人からの一言感想】
新日本プロレスの会社説明会で向かい合って以来、接点のなかった2人がついにドームで激突。「同級生タッグ」や「同級生対決」をしてきた2人だが、現在の後藤はCHAOSに加入している。立ち位置が変われば試合の見方もガラリと変わってくるだけに、これまでの対決とは違う、魂の対決が見られるはず。



第9試合 セミファイナル IWGP インターコンチネンタル選手権試合
内藤哲也 vs 棚橋弘至

【管理人からの一言感想】
「棚橋になれなかった男」と棚橋に言われた内藤が本当の意味で棚橋を超えることができるかどうかの重要な試合。2016年に吹き荒れたロスインゴ旋風の集大成がドームで爆発するか。棚橋は今年一年、結果という結果を残せなかったが、ドーム前に仕上げてくるのはさすがとしか言いようがない。内藤の真価が本当に問われる一戦。



第10試合 メインイベント IWGPヘビー級選手権試合
オカダ・カズチカ vs ケニー・オメガ

IWGP王者とG1覇者の頂上決戦。外国人初優勝を飾ったケニーがドームメインでオカダと対決する。この一年、ケニーは試合運びのバランスや受けに回ったときの巧みな動きが光った。G1を獲り、権利証防衛戦でもそのスゴさは健在。なぜかケニーがシングルマッチで闘うと、ワクワクしている自分がいた。片翼の天使を食らったら終わりだというハラハラ感があり、まさに一撃必殺の説得力を持った必殺技を携えたケニー。オカダも今年は内藤にベルトを獲られたりと散々だったが、丸藤戦で出したエメラルド・フロウジョンは度肝を抜いた。

新たなステージに立つべくオカダはケニーを迎え撃ち、ベルトを防衛できるかどうか。ケニーがこれでベルトを巻くということになれば、偉業達成だ。G1を外国人で初優勝し、そのままドームメインでIWGPベルトを巻いた外国人など、これまで一人もいないからだ。

まさに2016年の新日本プロレスを総括するにふさわしい闘いになるだろう。

関連リンク


【1.4東京ドーム・全カード決定!】柴田vs後藤!タマ&タンガvs真壁&本間!オライリーvsコール!Codyはジュースと激突!タイガーマスクWは第1試合に出陣!【WK11】
スポンサーサイト