2017年 新日本プロレス1.4、1.5感想 - 新日本
AMGブログ

2017年 新日本プロレス1.4、1.5感想

2017/01/06 編集
新日本
プロレス 新日本プロレス




2017年1月4日に行われた、新日本プロレスレッスルキングダム11の感想です。

昨年は中邑真輔とAJスタイルズがシングルを行い、アンダーソンもギャローズもいたと考えると、今年のドームはどうなるんだろうと正直心配していました。しかしながら、終わってみればすごくいい興行で、世代交代あり、現在の新日本プロレスの底力ありと、素晴らしくいい大会だなあと思いました。

スポンサーリンク



ニュージャパンランボーではスコット・ノートンが登場!


びっくりしました!あのスコット・ノートンが新日本プロレスのバトルロイヤルに参戦!ヒロ斉藤、天山広吉とともにチームを組み、一夜限りのNWOジャパンが再結成されたのです!

いや、体つきが全然変わってなくて驚きました!体の厚みも変わってないし、チョップの威力、超竜ボムの威力も全然変わってなかったんです。あの人なんなんですか(褒め言葉)!?

ノートンといえば、1990年代後半に蝶野正洋、武藤敬司らとともにNWOに入り、毎回のように試合で会場を沸かせていました。あのマサ斎藤さんの引退試合の相手もノートンでした。純粋にパワーで勝負するタイプのレスラーで迫力は満点でした。

ちなみにノートンは2002年の新日本プロレス東京ドーム大会の5.2東京ドーム大会 「闘魂記念日」で、橋本真也・小川直也組とも闘ったことがあります。

久々の登場でしたよねえ。ノートンも試合後のコメントで、すごく楽しかったと言っていたみたいですし、いまの新日本プロレスを感じてくれてよかったです。

第0試合 時間無制限【※16時10分開始予定】
1分時間差バトルロイヤル~ニュージャパンランボー~(14選手参加)




内藤から棚橋への一礼


まさか!と思いました。内藤が勝ったあと、棚橋に一礼しましたよね。いまの内藤は絶対にああいうのはやらないと思ってたんで、まさかまさかでした。

舌を出していたのを引っ込めて、一瞬、素の「内藤哲也」の顔になったんですよね。あの顔、新日本プロレスワールドで何度も見返してます。

2011年ごろ、ポスト棚橋と言われ、次のスターは内藤だと言われながらオカダにその座を奪われた内藤。2013年、G1を優勝するもネガティブなコメントを出したことでもったいないと棚橋に著書の中で言われてしまった内藤。2015年に入り、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを貫き、制御不能の男となってついに棚橋を超えた内藤。いろいろな感情が入り混じり、あのリング上での礼になったんだと思います。

ジーンと来ましたねえ…あの内藤が棚橋に本当の意味で勝ち、反逆児を貫いておきながら最後はエースに一礼。これでエースの座は完全に内藤へ移ったと思います。棚橋時代は終焉に向かうのでしょうが、さまざまな枷から解き放たれた棚橋が、新テーマ曲とともにこれからどんな立ち位置を描いてくれるのか、本当に楽しみです。

メインは46分のIWGP戦


そしてセミを超えられるのかと思っていたらこのメイン戦ですよ。オカダとケニー、たぶん世界でこの2人にしかできない試合をやってのけましたよね。

46分なんて、これまでのドームメインでありましたっけ??私が記憶しているかぎり、ここまでの試合はなかったように思っています。

もう試合はシーソーゲームの連続。圧巻でした。セミで完全に空気持って行かれたと思ったら、メインでまた引き戻して、最後はケニーにオカダがスクリューパイルドライバーを決め、レインメーカーでピン。

途中、ツームストンからのレインメーカーで完全に決まったと思ったんですが、あれを返されてビビりました。もはやレインメーカーは一撃必殺の技ではなくなってきました。それは棚橋戦でもそうですし、今回のケニー戦でもそうでした。オカダもそろそろオリジナルの必殺技をもうひとつぐらい考えておかないとダメなんじゃないか…そう思いました。

1.5 ニューイヤーダッシュは波乱含みの結末に!


そして訪れた1.5。毎年、この大会は


「何かが起こる」


とされており、私もいつ、何が起こるのかと待っていました。



事件は起こりました。



ドラゴン・リーが乱入!


第5試合の終了後にそれは起こりました。去年のファンタスティカマニアで登場したドラゴン・リーが乱入!高橋ヒロムに攻撃をしました。

リーとヒロムはメキシコでライバル同士でしたから、おそらくヒロムを追いかけてきたんでしょう。IWGPジュニアのベルトへ挑戦表明をしました。

そこに割って入ったのがKUSHIDA。ドームで負けてさらにリーが入ってきたとなると穏やかじゃないでしょう。これからこの2人も闘っていくんだろうなと思いました。

鈴木軍も乱入!


その後の10人タッグマッチでCHAOSが勝ったあと、なんと鈴木軍が帰ってきちゃいました!まさかこのタイミングで来るなんて!ノアストーリーは終わったから、次は新日本かあ…。

いやあ、怖い先輩が帰ってきましたね。オカダも足蹴にされ、観客を煽り、けなすあのマイクが新日本プロレスに帰ってきてしまいました。


これからノアでやったような全ベルト制覇を鈴木軍でやるんでしょうか?飯塚さんが帰ってきたということは、野上アナ、あの時代がまた帰ってきますよおおお!

2017年、ついに大きな軍団が新日本プロレスを席巻し始めました。これ、来年のドームまで引っ張るのかなあ…それまでノアでやったような展開だったらさすがにフラストレーションが溜まると思うんで、どこかでガス抜きはしてくれる…とは思います。

1.4にあれだけの試合をやったばかりなのに、もう今日になってこれですか…スピードが早い!本当に早いです。今年の新日本プロレスはいったいどうなってしまうんでしょうか?

関連リンク


新日本プロレス 公式サイト
スポンサーサイト