ゲームが長続きしない理由と個人的に見出した解決法とは? - 考察・雑記
AMGブログ

ゲームが長続きしない理由と個人的に見出した解決法とは?

2024/01/13 編集
考察・雑記 0
ゲーム コラム
chp-PAKE4158_TP_V4.jpg

これは僕だけの話ではないと思うが、ゲームをやろうとしても「めんどくさい」が勝ってしまい、じっくりどっぷりプレイできなくなるときがある。

その理由と、個人的に見出した

「ゲームをそれほど無理なく日常的にプレイする解決法」

を書いていこうと思うので、お付き合いいただきたい。

スポンサーリンク







結論:ゲームをそれほど無理なく日常的にプレイする解決法は、「持っている時間が長い媒体(スマホ)でゲームをする」こと


スマホマン

最近、「自分が常に持っている媒体でゲームをやると長続きする」ということに気づいた。

SwitchやPSの電源を入れてプレイできなくても、同じゲームをスマホでやると長続きするというものだ。それは日常的に持っている機械がスマホだから。

スマホなら仕事中も持っているし、昼休みや空き時間を使ってゲームをプレイできる環境にある。SwitchやPSは会社に持っていけない。だからスマホで発売されているコンシューマーゲームを買ってプレイすると、意外にずっとプレイできてしまうのだ。

家にいるときでも寝ながら軽くプレイできるし、いまどきのゲームはマルチプラットフォームだから、そのゲーム機を買わなければプレイできないというゲームは少ない。

個人的な例だが、僕はSwitchのプレイ時間が減っている代わりにスマホでのプレイ時間は伸びている。以下のゲームは現在、僕が自分のスマホに入れてプレイしているゲームだ。スマホに入れているゲームのほうが常に起動しているし、圧倒的にプレイしている。

自分がスマホに入れているゲーム


ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議な鍵SP(50時間突破)
ドラゴンボールZ ドッカンバトル(6年~7年)
アケアカ ビッグトーナメントゴルフ
みんゴル
アナと雪の女王 Free Fall
■ポーカー
大富豪オンライン
ミニオンラッシュ
スマッシュヒット
MJモバイル
信長の野望 武将風雲録


スマホならネットや動画を見ながらでもゲームはバックグラウンドで小休止させることができるし、なにかと生活を送るうえで都合が良い。ゲーム機を立ち上げるよりも、手元にあるスマホの中にゲームを入れておいたほうが触る時間は圧倒的に長くなる。

これまで自分が書いてきた「ゲーム長続きしない問題」の記事たち


以下の記事は、これまで自分が書いてきた
「ゲームが長続きしない、または積みゲーが多くなってプレイする気がなくなる」ことに対する考察記事である。

■ゲームをする気力がなくなってきたら考えること
■最新ゲームを無理して追うことはないと思う
■積みゲー心理と解決法


日々の仕事や生活が充実していないからハマりにくくなる


疲れた人

実際にこれはあると思う。子どものころはゲームに100%人生を振れたけど、大人になるにつれて仕事の悩みや生活の悩みが増えてきて、ゲームを思う存分楽しめなくなる。

時間は作ればあると思うが、他の娯楽もあるし、動画を見たりネットを見たりしているうちにゲーム時間がなくなる。

仕事は年数が経ってきて慣れているはずなのに、ゲーム時間が減ったことを考えると、自分の仕事の負担が年数とともに増えてきて、そのぶん、プライベートでゲームできなくなってきているんだなと。

たぶん、仕事しなくていい生活になったら永遠にゲームをやっていると思う。

昔、仕事がなかったときは100時間超えのゲームを何本もかけ持ちでプレイしていたから。おそらく「明日、会社に行かなくても大丈夫」な状況が発生したら、鎖を断ち切った獣のように僕はゲーム三昧になってしまうと思う(笑)。

休日はだらだらして意外と無理


ぐーたら

最近の休日を振り返ってみると、意外とPC前にいる時間のほうが多く、ゲーム機を触っていない。

9:00 起床。ご飯食べる
10:00 PC前で動画を見始める。溜めていた配信のアーカイブやアニメを見る。ちなみに今日は朝からドッカンバトルのログボ。デイリーミッションのみやって、あとはSteamでAsphalt9をちょっと。

11:30 まだ動画見てる。今日は孤独のグルメ流し見。スマホ。
12:00 昼食
13:00 PC前。ここらで二画面でウインドウ開いて動画見ながらスマホやってさらにSteam開く。こういうふうに何画面も開くことで充実したような気分を味わう。ただし午後になると、翌日のことを考え出してあまりゲームに手につかなくなる。

18:00 夕食。
19:00 PC前。もう明日のための時間つぶし。
22:00 就寝。おわり。

けっこうこんな感じである。仕事中の昼休みや空き時間にゲームをやる手もあるが、時間はあまりないので、どうしてもログインボーナスだけとは、デイリーミッションのみということが多くなる。そりゃスマホゲーが流行るわけだ。

腱鞘炎なので長時間できない


腱鞘炎

僕はブログも書くので、腱鞘炎との戦いである。そうなると長時間のキータッチが要求されるゲームができなくなる。肉体的に無理が来るのだ。若いころはこんなことなかったんだけどなあ…

ということで、若い人。いまのうちにゲームをたくさん楽しんでおこう。こんなことは書きたくないが、年を取ってくるとゲームをやる「体力・気力」がなくなってくる。

平日は翌日のために寝る。休日はゲーム以外にやることがたくさん出てくる。持病も出てくるし、僕のように腱鞘炎になってボタンを押すのが痛くなる。ゲームだけに人生を賭けていたあの頃とはどうしても違ってくる。

配信で済ますことも多くなってきた


配信

となると、自分より時間のある人がプレイしているゲーム配信を流し見したり、切り抜きを見て済ますことも多くなってくる。名場面集とかがあると、それを見て満足することもある。ただ…

本気で挑戦したいゲームは自分で買うし、配信は絶対見ない。すでにクリアしたものであれば反応が知りたくて見る。

やはり時間。仕事人に足りないのはゲームをやる時間と不安の解消なのだ。日々の生活に不安がなければゲームをやる時間も増えるだろう。結局は自分の精神状態との兼ね合いなのだ。

短時間でやれるゲームは問題なし


去年から今年にかけて、僕は短時間のゲームはよくやっていた。
Switchでおなじみの「スイカゲーム」や「ヴァンパイアサバイバーズ」は一時期、ほぼ毎日やっていた。

【Switch】ヴァンパイアサバイバーズ『Vampire Survivors』 レビュー
【Switch】これは本体に入れっぱなしにしておくべきソフト!240円の「スイカゲーム™️」は時間を溶かす恐るべき面白さを持ったゲームだった!


この2つに共通するのは「短時間でワンゲームが終わる」ということ。スイカゲームも何分かだし、「ヴァンサバ」に至っては最高でもワンプレイ30分で終わる。

いったんゲームを起動したら、1時間ぐらいやらなければいけないゲームとは違う。「ゲームに対するプレイ欲求」をほどよく保つためには、こういった「短時間ゲーム」の存在が要になるだろう。

休日の前日、あえて「夜」になるまで待つ


徹夜ゲーム男

これは実体験からなのだが、休日の昼間というのはどうしてもゲームに集中しづらかった。たぶん僕は休日限定で夜型人間になるのだろう。夜のほうがなんかワクワクしてなんでもやれそうな気分になってくるのだ。

だからあえて「夜」になるまでゲームをやらないでいた。そうするとどうだろう。夕食後にゲームをじっくりやりたくて仕方がなくなってきた。

ゲームをやる気がないのは「昼間」だったからなのかもしれない。夜は存分にゲームをやることができた。
休日の朝~昼間にかけてゲームをやれないなら、20:00を過ぎるあたりまで待ってみてはどうだろう。

もしもあなたが夜型人間なら、そのあたりからゲーム欲が盛り上がってくるかもしれない。ただ、夜ふかしはほどほどに…。

まとめ


game_gamen.png

まとめると、休日にゲームのやる気が起きなくなる理由は上記のように複数ある。一つの理由は、仕事や学業の疲れやストレスが蓄積され、休日にはリラックスしたり、休息を求める傾向があるためだ。だからゲームをあえてやる気が起きなくなる。

また、社会人になると使える時間が減り、仕事が忙しくなることで趣味や娯楽の時間が制限される。これはさっき書いたとおり。これにより、休日になっても気力が低下し、ゲームを楽しむ余裕がなくなってしまうのだ。

僕の場合は特に休日出勤がある職場なので、土曜日しか休みがないときがある。日曜日に出勤しなければならないときなど、土曜日に日曜日のぶんも休んでおこうと考えるため、どうしてもゲームに集中できない。

長時間のゲームを苦行のように終わらせて「ああ、もうこのゲームやんなくていいんだ」とホッとすることもある。それでは本末転倒だ。もはやゲームをすることが義務になってしまって楽しんでいない。それはダメだ。趣味なんだから楽しんでやらないと。だからこそ、適度な付き合い方をするのはとても大切なのだ。

むしろ、休むのも仕事と割り切って、ふだんのタスクにゲームや休息を含めてしまうことで、集中して物事に当たれるのかなという気もしてくる。今度、アラームをセットして時間制限ありの中でゲームしてみようかな…。

PS:今日はSteamでずっと「Asphalt9」をやっていた。1レース1分ぐらいで終わるのでオススメ。



あとは「Pinball FX3」。1プレイ数分で終わる。これもオススメ。



関連リンク


大人になってゲームが楽しめなくなったたった1つ理由と解決法! | きなこブログ
ゲームが楽しめなくなった人集合。大人になってもゲームに飽きなく楽しむ方法 | コスパ最強人生計画
ゲームをつまらないと感じる7つの原因と解決方法 | もりのゲームブログ
ゲーマーのわたしが、ゲームを楽しめなくなった話|たっぴー
ゲームを楽しめないときのプレイヤー側の原因を考える | ひとりアウトプット広場
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.