【新日本プロレス】オカダ・カズチカ選手が新日本プロレス退団! - 新日本
AMGブログ

【新日本プロレス】オカダ・カズチカ選手が新日本プロレス退団!

2024/01/19 編集
新日本 0
コラム プロレス 新日本プロレス
段落テキストのコピー (1)

ついにこの時が来たか、という感じ。

新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手が、1月31日付で新日本プロレスを退団することが正式発表された。



オカダ・カズチカ 10 Years Anniversary DVD



これまで「レインメーカー」として新日本プロレス、そしてプロレス界に金の雨を降らせてきた男がいよいよ日本を離れ、ついに海外へと旅立つ時がやってきたのだろうか。

オカダ・カズチカ選手、新日本プロレス退団のお知らせ | 新日本プロレスリング


2012年、僕はオカダに対してまったく期待していなかった


あの「レインメーカーショック」の先駆けとなるドーム大会、レッスルキングダムVI。

この試合からレインメーカーショックまでのあいだ、僕はブログでオカダのことを書いていたので、その当時の記事をご覧になりたい方は以下からどうぞ。

最初はまったく期待していないのに、ドームから大阪までのあいだにオカダがすごいスピードで成長していることを感じる。さらに大阪大会でのあのレインメーカーショックはいまでも覚えているが、爆発的なショックだった。あの頃の思い出を自分でも見返しているが、相当な衝撃だったことが思い出せる。

【新日本プロレス】レッスルキングダムVI in 東京ドーム大会 感想

【新日本プロレス】まさかの“レインメーカー”IWGPヘビー級選手権試合決定!

【新日本プロレス】“レインメーカー”オカダがすごいスピードで成長している・・!

【新日本プロレス】「“逸材” vs “レインメーカー”」大事件勃発!!~新日本大阪府立体育館大会~


個人的願望~行くならWWEに行ってほしい!


オカダが新日本プロレスを退団する。これ自体はショックだが、ずいぶん前から決まっていたんじゃないかなあという気もする。

というのも中邑真輔が新日本プロレスを退団する前年、G1クライマックス決勝で棚橋弘至と戦っている。その翌年、中邑は新日本プロレスを退団。そして今回のオカダはあの時の中邑の退団ロードをなぞっているかのように見えたのだ。

2023年のG1決勝。オカダは内藤哲也と戦った。この2人は寮も相部屋で若い頃から先輩後輩としてしのぎを削ってきた間柄だ。このカードになったのも何か運命的なものを感じさせるのだ。

もしかしたら、内藤とのシングルマッチはこれが最後になるかもしれない。そんな思いを抱いてオカダはあの決勝のリングに立ったのではないかと想像してしまう。

そういえば決勝戦の試合前。内藤と向かい合ったオカダの表情が、どことなく寂しげに見えたのは気のせいだろうか。

ともあれ、オカダは退団後、果たしてどこに行くのか。最有力候補はWWEかAEWだろうが、個人的にはWWEに行ってほしい。中邑やその他日本人選手が多くいる今ならオカダも輝くだろうし、願望で言えばレッスルマニアで中邑と戦ってほしい。それぐらいの大きい夢を持ちたい。どうせ行くなら世界のトップを取ってほしい。オカダならその夢を実現させられるはずだ。

スポンサーリンク



オカダの退団を受け、新日本はカードを一部変更


オカダの退団を受け、新日本プロレスは対戦カードを一部変更した。

まず、2月11日の大阪大会で行われるはずだったNEVAR6人タッグ選手権試合を1月24日の後楽園ホール大会で行うことを発表。そして2月11日は「運命の大阪」で「オカダ・カズチカ vs 棚橋弘至」が行われることが決定した。

【オカダ選手の退団に伴う、対戦カード変更に関して】1月24日(水)後楽園でオカダ&棚橋&石井 vs マイキー&シェイン&藤田のNEVER6人タッグ選手権、2月11日(日・祝) 大阪府立でオカダvs棚橋のシングルマッチが実現へ | 新日本プロレスリング


ドームや海外の試合ではそこそこやっているこの2人のシングルだが、2月の大阪での「オカダvs棚橋」となると、これはもう2012年のレインメーカーショックを思い出さずにはいられない。

2012年2月12日 大阪府立体育会館大会 メインイベント IWGP選手権試合「棚橋弘至vsオカダ・カズチカ」(NJPW WORLD)


オカダが棚橋を倒し、名実ともにレインメーカーとなった大阪府立。あれから12年の時を経て、最後の「オカダvs棚橋」が行われるというのはなんとも感慨深いし、ドラマチックすぎる展開だ。

2月23日、24日の札幌・きたえーる大会が新日本プロレスラストマッチ


チケット買っといて良かった。これは本当にそう思った。
僕は毎年、冬の札幌2連戦は行っていなかったのだが、今年はドームも行ったことだし、新日本プロレスの大会は追いかけようかなと思い、チケットを買っていた。まさかその大会がオカダの新日本プロレスラストマッチになるとは…。

寂しくもあるが、日本プロレス界において今後、出てくるかどうかわからないスーパースターがついに退団してしまう。その勇姿を余すところなく目に焼きつけてきたいと思う。

いまのところ、きたえーるのカードは未定だ。壮行試合になるのか、それともシングルが組まれるのか…期待して待ちたいと思う。

新日本プロレスの若手はチャンス


新日本プロレスは過去にも離合集散をたどってきた団体だ。スター選手が現れては退団したり復帰したり…その都度、団体内では新陳代謝が行われてきた。

武藤が離脱してもうダメだと思ったら永田さんや棚橋が頑張った。棚橋や中邑、内藤が伸びてきたら今度はオカダが現れた。中邑が退団してヤバいなと思ったら内藤がロスインゴで大爆発し、ケニーがG1を優勝した。

だから新日本プロレスからスター選手がいなくなることはとても残念なのだが、これは若手にとってはまたとないチャンスである。こんなこと、単なるいちファンである僕が言わなくても全員思っていることだろう。

オカダがいなくなる。だったらそこの空いた席に座るのは誰か。これから新日本プロレスは激しい過当競争の渦が巻き起こるだろう。だからプロレスは面白い。

海野や成田、辻に上村、オーカーンもいるしSANADAだってまだ30代だ。さらにその下には藤田や大岩、ボルチンと中島は海外修行の旅へ出発した。

新日本プロレスはオカダひとり抜けたぐらいで揺らぐような屋台骨ではない。これだけ将来性のある若手がたくさんいるのだ。ここから誰が伸びてくるのかを見るのがこれから本当に楽しくなるだろう。これこそプロレスの醍醐味。スターが抜けた穴を誰が埋めるのか。新日本プロレスファンは大注目の年となるだろう。

今までも、これからも、世界のプロレス界に金の雨を降らせる「レインメーカー」から目が離せない!

動画


■オカダ・カズチカ レインメーカー in 東京ドーム



■オカダ・カズチカ ドロップキック in 東京ドーム



■オカダ・カズチカ 東京ドーム入場シーン【2019年1月4日】



■【30回目のG1CLIMAX】オカダ・カズチカ レインメーカー30連発!【Aブロック】



「リング」に立つための基本作法


関連リンク


【新日本】オカダ・カズチカが1月末で退団 世界に誇る「レインメーカー」ついに米マット進出 | 東スポWEB
【新日本】1月末で退団のオカダ・カズチカが団体とファンに感謝「残りの試合もカネの雨を降らせます」 | 東スポWEB
【新日本】オカダ・カズチカの退団を受けカード変更 2・11大阪で棚橋弘至とのシングル戦が決定 | 東スポWEB
新日本退団のオカダ・カズチカよどこへ行く?? 複数の米メディアが候補を報じている - プロレス : 日刊スポーツ
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.