【サガ】新作の前にやっておきたい!今から「サガ・スカーレットグレイス 緋色の野望」を始める人に向けて、これだけは注意しておきたいこと - RPG
AMGブログ

【サガ】新作の前にやっておきたい!今から「サガ・スカーレットグレイス 緋色の野望」を始める人に向けて、これだけは注意しておきたいこと

2024/03/31 編集
RPG 0
RPG Switch PS4 サガ
videogame_boy.png


サガシリーズの新作、「サガ・エメラルドビヨンド」の発売が2024年4月25日に近づいてきました。


サガ エメラルド ビヨンド-Switch



その前作、「サガ・スカーレットグレイス 緋色の野望」とシステムがほぼ同じということで、「サガエメ」の前に「サガスカ」をプレイしておきたい!というプレイヤーの方もいらっしゃることでしょう。


サガ スカーレット グレイス 緋色の野望 - Switch


そこで今回は「サガスカ」を新規で始める方のために、「これだけは注意しておきたいこと」として、いくつかご紹介していきたいと思います。

まず、この作品は完全初心者よりも「これまでのサガシリーズをプレイしてきたファンへ向けての新たな挑戦」という位置づけになっていると僕は思っています。

この作品から「サガ」に入ると、かなり難易度の高いゲームになると思いますので、完全初心者の方は「サガコレクション」や「ミンサガ」などから入るとよいでしょう。

■Sa・Ga COLLECTION ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)
■ロマンシング サガ -ミンストレルソング- リマスター ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)




サガ・スカーレットグレイスは「緋色の野望」として、2018年に発売されたRPGであり、シリーズ初の3Dグラフィックを採用した作品です。開発はスクウェア・エニックスが行い、制作はシリーズ生みの親である河津秋敏氏。

その独創的な世界観とストーリーテリング、緻密な世界設定とグラフィック、戦略的で深みのあるタイムラインバトルシステム、シリーズファンへのオマージュ、プレイヤーへの挑戦と充実感などが多彩な魅力を放ち、完全初心者よりも、むしろこれまでのサガシリーズをプレイしてきたファンへ向けての作品と言えます。

ゲームシステムはターン制のコマンドバトルを採用。陣形やパーティー編成、スキル、ロールの設定など、充実した育成要素があります。

サガらしいクセのある作品ながら、それは「良い意味でのクセ」になっていることも特徴。未だに根強いファンがおり、シリーズの伝統を守りつつも新たな時代へ進化した作品として好評です。特に、ストーリーやキャラクターの魅力が高く評価されています。

さて、この「サガスカ」ですが、新規で始めるとまず「なんだこれ」となります。
それは

「フィールドにある街や村での買い物ができない」
「会話画面は紙芝居」
「スマホゲームのようなマップ移動」
「メインはバトルに特化」


した作品だからです。
一見するとチープにも見えてしまうこれらの要素ですが、それを補って余りある「バトルの面白さ」は特筆すべき点です。

「サガスカ」のバトルはターン制で相手の行動が事前にわかる「タイムラインシステム」。相手がどんな行動を取ってくるかがわかるものの、それだけでは勝てないのがこのゲームの難しいところ。

相手の速さを下げて行動順を遅らせたり、状態異常攻撃をして早めにバトルを有利に持っていかないとあっという間に全滅してしまいます。

そこで今回は、「サガスカを新規で始めた人が気をつけるべきこと」について書いていきます。

スポンサーリンク







キャラクター毎に武器を絞る


キャラクターごとに一つの武器に絞って鍛えることが効率的です。武器レベルが上昇すると与えるダメージも増します。

ただし、一部の技の獲得には複数の武器が必要な場合もあるため、注意が必要です。

これはもう難しいことは考えず、仲間のキャラが最初から装備している武器を使い続けるのが正解でしょう。そのほうが早く成長します。

初心者は「ウルピナ」で


初心者向けの主人公としてはウルピナが推奨されていますので、ゲームを始めたばかりの人はまずはウルピナから始めましょう。

なぜかというと、ウルピナ編は自由に世界を回るタイミングが遅く、それまでは決められた順序に沿って大陸を回るため、物語やシステムの理解度を深めるためにちょうどいい主人公だからです。

ゲーム全体の難易度に注意


ゲーム全体の難易度はやや高めであり、特に初心者向けとされるウルピナ編も一定の難しさがあります。

このゲームは一度バトルに入ると、勝つか負けるかしないとフィールドに戻ることはできません。

ですので、戦闘準備が何よりも大事であり、ここに十分な時間をかけることをおすすめします。

ダンジョンは「HARD」を選ぶ


各ダンジョンは「EASY」、「NORMAL」、「HARD」、「VERY HARD」の順に敵が強くなります。

最初は「EASY」を選びたいところですが、「サガスカ」はこれまでのサガシリーズと同じく、「戦闘回数によって敵が強くなる設定」なので、「EASY」ばかりで戦っていると成長が遅くなり、後でつらい思いをすることになります。

なので、ある程度の戦力が整ってきたら、バトルは「HARD」で戦いましょう。そのほうが素材も多く入手できますし、技も閃きやすくなります。

武具は「鍛冶」でしか入手できない


このゲームは宝箱から武具を入手するといったことはなく、すべては所持している武具を街の鍛冶屋で鍛え、強化していくといった流れになります。

そして強化に必要な素材はほぼバトルでしか入手できません。しかも難易度が高くなればなるほど、入手できる素材の質と数ははね上がります。どうせ戦闘回数で敵が強くなるのならば、早めに「HARD」で戦いましょう。

全滅しても引き継ぎありなので「再挑戦」をしよう


バトルの難易度が高いと全滅する危険性が増しますが、このゲームでは全滅時のLP状況や、技の修得・ランクアップ状況などはそのまま引き継いだまま、「再挑戦」が可能です。

しかも再挑戦時は連撃のダメージがアップしますので、たとえ全滅しても、その時点で強力な技を閃いていた場合はそれが継続されます。LPが続くかぎり、再挑戦しましょう。

「回復」よりも「攻撃」を優先に行う


このゲームの「クセ」のひとつに「回復」よりも「攻撃」優先にシステムがつくられています。

制作時に「意図的に回復手段が制限されて」おり、回復するよりもいかに効率的に攻撃をして敵を倒していくかということに焦点が当てられているため、普通のRPGみたく「回復しながら戦う」ということがほぼムダになっています。

「回復せず、短時間にどれだけダメージを与えて倒すか」

これが「サガスカ」の根本的なバトルに対する考え方です。

まとめ


いろいろと書きましたが、まず第一に、このゲームの戦略性と深みに満ちたバトルシステムを楽しみましょう。バトルは単なる力比べではなく、戦術と戦略がとても重要なので、「考えながら戦う」人に最も向いています。敵の特性や弱点を見極め、最適な戦術を編み出す。これが「サガスカ」の醍醐味です。

また、キャラクターの成長にも注目です。上記にも書いたように、全滅後に再挑戦することで、全滅前に閃いた技やスキルはそのまま引き継がれます。何度も何度もバトルをしてキャラクターを成長させ、強力なパーティーを編成しましょう。

最後に、この「サガスカ」の世界を存分に楽しんでください。会話やイベントが紙芝居なのがかえって新鮮に感じてきます。このゲームは物語の世界観がとても深く、1周や2周のプレイではとても追いつかないほど重厚なストーリーや魅力的なキャラクターがいます。

自分だけの冒険を築き上げ、この素晴らしい世界に没頭してください。

4月25日発売の「サガ・エメラルドビヨンド」に向けての復習の意味も含めて今回はご紹介させていただきました。サガ・スカーレットグレイスの世界での冒険が、皆さんにとって楽しいものとなりますように!

プロモーション動画













ゲーム情報


PlayStation 4版はこちら


■Nintendo Switch版はこちら



■Android版はこちら

サガ スカーレット グレイス 緋色の野望 - Google Play のアプリ


■iOS版はこちら

「サガ スカーレット グレイス 緋色の野望」をApp Storeで



■Steam版はこちら
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.