DSソフト『ウィザードリィ アスタリスク“緋色の封印”』 レビュー - RPG
AMGブログ

DSソフト『ウィザードリィ アスタリスク“緋色の封印”』 レビュー

2009/05/15 編集
RPG
DS RPG ウィザードリィ ゲームレビュー
DSで2005年に発売された
『ウィザードリィ アスタリスク“緋色の封印”』。
いわゆる「日本製WIZ」なんですが、かなり面白いです。


スポンサーリンク




まず、キャラクター育成は従来どおりですが、新種族と職業が増えています。
ゲームはRPGのようにストーリー仕立てとなっており、
NPCを仲間にして先に進む箇所があったりします。

いろいろありますが、毎回のごとく面白いです。
特に「アンロックゲーム」は賛否両論。
今回は罠解除をしてすぐにお宝が手に入るわけではなく、
タッチペンで、画面下に表示されている「ルーン文字」を
タッチしなければ開きません。
ルーン文字は難易度によって
いくつもダミーが出てきますので、時間内に入力しないと罠が発動します。

ダンジョンは今までどおり。
上にも書いてあるように、お金は嫌というほど貯まります。
いらない装備を売りまくれば、すぐに万金貯まります。

傷薬が安いです。
ひとつ10Gなので、買いだめができます。
毒消しですら20Gなので、いっぱい買えます。


しかし、簡単ではありません。毎度のことながら、
お金がいくらあろうと簡単には進めないのがWIZ。
魔法攻撃を一身にくらい、即死したケースが多々ありました。
死亡頻度は旧作と同じくらいかもしれません。

「金が貯まるならいっぱい武器が買えて楽勝だ!」

という考えは捨ててください。

敵も旧来どおり、相変わらず卑劣で強いです(笑)
簡単に戻れると思っていたら、簡単ではないフロアまで来てしまい、
パーティをひとつ失い、救出にも行けずに諦めました。

wikiにも書いてありますが、本当にポンポン死にます。
じっくりじっくり進めて、かつ、臆病者が生き残る。
WIZの特性は今作にも見事に受けつがれており、
何回死んでもやり直そうと思える魅力があります。久々のヒット作でした。

公式
Wizardry ASTERISK ~緋色の封印~ Wiki
マップまとめサイト

ウィザードリィ アスタリスク ~緋色の封印~
スターフィッシュ
発売日:2005-12-29
おすすめ度:3.0

スポンサーサイト