「るろうに剣心」の思い出と星霜編 - いろいろ
AMGブログ

「るろうに剣心」の思い出と星霜編

2010/07/13 編集
いろいろ
アニメ マンガ コラム るろうに剣心

「るろうに剣心」の思い出

久々に見るとやはり良いものです。
「るろ剣」のアニメは、当時、ドラゴンボールと比較していたこともあり、
「戦闘シーンが単調じゃないか・・?」そう思っていました。
しかし、あらためて見ると、明らかにクオリティが高い。

特に、飛天御剣流奥義「天翔龍閃」の演出は最高レベル。
それだけでも、当時は凄い完成度だったんだなと思いました。
るろうに剣心はドラゴンボールが終わったあとの大ヒット作品であり、
いまでも語りつがれる名作です。


るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 完全版 (01) (ジャンプ・コミックス)  るろうに剣心 完全版 5 (ジャンプ・コミックス)  るろうに剣心 完全版 6 (ジャンプ・コミックス)



スポンサーリンク



話はちょっとそれますが、剣道部に所属していた者ならば、
一度は「飛天御剣流」をマネしたことがあるかもしれません(笑)。
当時、私は、剣道部に所属。部室には「るろ剣」のマンガがありました。
練習でもちょっとだけ技のマネをしていましたね。できるはずないんですが。

マンガのほうもご多分に漏れず最高傑作。
しかし、キャラのインスパイアが一目でわかってしまい、
「和月先生、それはそのまんまです」とツッコミたくなりました(笑)。

不二はエヴァから、志々雄はサムスピの牙神幻十郎。
その他キャラはアメコミからの影響を受けていることもあって、
奇想天外な風貌のキャラクターも多数登場します。
後年、和月先生が「サムライスピリッツ零」の一部キャラデザインを
担当されたことを考えると、これは良かったかもしれません。


「るろうに剣心~星霜編~」の解釈

さて、ファンの間で物議を醸した作品といえば
「るろうに剣心~星霜編~」でしょう。


              るろうに剣心-明治剣客浪漫譚- 星霜編 ~特別版~ [DVD]


要するに「原作の10数年後」を描いた作品です。
しかし、内容は全編を通して暗い雰囲気が漂っています。

剣心は流行り病にかかり、死を待つばかりの体に。
薫はそれを知り、剣心の病気を自分にもわけるように頼みこみ、
事実、病気を持ってしまいます。

成長した剣路や、逆刃刀を受けついだ弥彦、そして燕など
原作のキャラも多数登場しますが、話の主軸はあくまでも剣心と薫。
「2人の祝言~生活~剣心発病」と、原作以降の話としては、これが唯一です。

最後の結末は、私自身、納得のいくものではありませんでした。
深い見方をすれば「ハッピーエンド」となるのかもしれません。
しかし、和月伸宏の信条である

「どんな形を取っていても最後はハッピーエンドで終わらせる」

という理念が表現されていなかったように思います。
いや、もしかしたら、これが本当のハッピーエンドになっているのかも・・と
視聴者に問いかける作品となったことでしょう。

作者自身も「これも剣心のひとつの世界」と言っていますが、
最後の展開は「るろ剣」としてはどうなのか。
もっと普通の終わらせかたもあったのではないかと、いまさらながら思います。

やはり人を斬りつづけた人間には、真の幸せは訪れないのか。
それとも、これが「緋村剣心」にとって最も幸せな最期だったのか。
見た者がそれぞれの答えを出すための作品、それが「星霜編」だと思います。
これを見る「るろ剣」ファンのかたは、それだけの「覚悟」を持って
視聴されることを推奨します。


「るろうに剣心」はどのシーンが最後なのか

これは人それぞれです。
原作終了時、剣心、薫、剣路の場面が終わりなのか、
それとも星霜編での剣心が本当の“終わり”なのか。
私は、「星霜編はパラレルワールドであり、決して原作終了の後の話ではない」
という解釈を持っています。
そうでもしないと、あの展開に耐えられなかったからです。

しかし、連載から10年以上たった現在でも愛され続ける「るろうに剣心」。
これだけ議論が続くのも、作品自体が愛されている証拠でしょうね。

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- - Wikipedia
和月伸宏 - Wikipedia



るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝
るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝和月伸宏

おすすめ平均
starsやはり
stars素晴らしい
stars思い出の作品
starsアニメ版るろうに剣心のもうひとつの楽しみ方
stars全集〜

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト