あなたは砲撃型ブロガーか狙撃型ブロガーか - ブログ
AMGブログ

あなたは砲撃型ブロガーか狙撃型ブロガーか

2009/06/22 編集
ブログ

シナトラ千代子 - あなたは砲撃型ブロガーか狙撃型ブロガーか
http://d.hatena.ne.jp/wetfootdog/20070906/p1


「ブロガーには二種類いるかもしれない」
シナトラ千代子様による言及。

砲撃型ブロガー
人がたくさんいるところにエントリを撃ち込む
ブロガーのこと。話題がある場所に撃ち込めば
盛りあがります。

狙撃型ブロガー
ひとりのブロガーを狙い撃ちするブロガー。
これはいただけません。
個人攻撃をすれば、それが自己破滅への布石となります。


話題性を持たせる記事は、それだけで多くの意見を集めます。
ここはやはり砲撃型のほうがいいということでしょう。

ただ、ネット社会的に「おいしい」感じになればいいですが、
いらぬ反感を買ってしまう危険性もはらんでいます。
とは言っても、そんなケースは稀なので
普通にブログを書いていれば、反感を買う可能性は低いです。
しかし、人によって言葉の受けとりかたが違うのは当たり前ですし
どんなに気をつけて文章を書いていても
不快な思いをさせてしまう可能性があります。

さて、言及はここまでにし、ちょっとしたおまけとして
記事執筆時の文章スタイルへと
話を広げたいと思います。

記事を書くにあたって、文章の口語体・文語体のスタイルは
はっきりさせたいところですね。
喋り言葉でいくのか、作文や論文スタイルでいくのかを
始める時にはっきりさせておいたほうがいいでしょう。
あとは「ですます調」を使うのか、「~である調」にするのかも。

私は昔は前者でしたが、今は後者です。完全に「記事」として
ブログスタイルを確立していくなら「~である調」がよいと思います。

「~である。」
「~だろう。」
「~だと思うのだが」


という表現。文章表現をあらかじめ決定することで
訪問者の混乱を防ぐことができます。実体験からの反省も込めて。
普段「ですます調」を使っていて、翌日「である調」になり
さらに次の日「ですます調」に戻っていたら
見る側としては、混乱する原因になります。
言語表現は統一されるのがよいでしょう。

スポンサーサイト




スポンサーリンク